セントラル短資FX

セントラル短資FXの手数料やスプレッドはやや高め

セントラル短資FXの手数料やスプレッドはやや高め

だが、どんどん安くなっている

セントラル短資FXのコストには理由がある

ます最初にセントラル短資FXのコストは高めですが
そのコスオtは、最大の特徴でもあるスワップ金利と
絶大な信頼性が原因だということをご理解ください。

FXも商売ですから、良質なサービスにはコストがかかるものなのです。
特に短資会社という大きな会社でサービスをするには、
それ相応の手続きとコストがかかっていることをご理解ください。

セントラル短資FXの成行注文には手数料がかかる

セントラル短資FXには2つのコースがあります。
長期投資用のFXダイレクトコース
短期売買用のFXハイパーコース
この2つのコースです。

このうちスワップ金利が高いのはFXダイレクトコースなのですが、
このコースでは片道500円の手数料がかかってしまうのです。
なぜか成行注文だけで、指値注文は無料なのですが。

2009年3月にはFXダイレクトの手数料も完全無料になりました。

短期売買コースのFXハイパーは無料です。

手数料無料が当然となったFX業界では、
どこかは我慢しなければならないのですと思っていたら
予想をいい方向へ裏切ってくれましたね。
以前はセントラル短資FXの弱点であった手数料500円がなくなった事で
ますますデメリットが少なくなってきました。

セントラル短資FXは高金利通貨のスプレッドが少し広い

このことも仕方がないといえばそうなのですが、
高金利通貨である豪ドルやNZドル、南アフリカランドの
スプレッドは広いものになっています。
まぁ特別広いというわけではなく、他のFX業者と同じぐらいです。

こういった高金利通貨は調達コストがけっこうかかってしまうので、
金融のプロである短資会社の力でもそれなりのコストを要するのでしょう。

最近はドル円のスプレッドが4pipsから2pipsへ縮小されたので、
いずれ高金利通貨のスプレッドも縮小されるかもしれませんね

 

セントラル短資FXはコストがやや高め

今や手数料無料はFX業界の常識ですが、セントラル短資FXのような
スワップポイントの高い業者は手数料がかかるのもやむなしです。

ですが、2009年3月にはFXダイレクトの手数料も完全無料になりました。
全ての注文に対して手数料がかかる外為どっとコムよりかなり安いと判断できます。
コスト面でもセントラル短資FXのほうがお得ですね。


>> 絶大な信頼のセントラル短資FXの口座開設へ

短資会社の出資を受けたセントラル短資FXは業界No1の信頼度
さらに口座開設者全員に5,000円をプレゼントする王者の風格!