セントラル短資FX

セントラル短資FXの欠点やデメリットはスプレッドぐらい

セントラル短資FXのデメリットには理由がある

ます最初にセントラル短資FXにも確かにデメリットが存在しますが、
そのデメリットは、最大の特徴でもあるスワップ金利と
絶大な信頼性が原因だということをご理解ください。

FXも商売ですから、良質なサービスにはコストがかかるものなのです。
特に短資会社という大きな会社でサービスをするには、
それ相応の手続きとコストがかかっていることをご理解ください。

セントラル短資FXは高金利通貨のスプレッドが少し広い

このことも仕方がないといえばそうなのですが、
高金利通貨である豪ドルやNZドル、南アフリカランドの
スプレッドは広いものになっています。
まぁ特別広いというわけではなく、他のFX業者と同じぐらいです。

こういった高金利通貨は調達コストがけっこうかかってしまうので、
金融のプロである短資会社の力でもそれなりのコストを要するのでしょう。

最近はドル円のスプレッドが4pipsから2pipsへ縮小されたので、
いずれ高金利通貨のスプレッドも縮小されるかもしれませんね。

 

セントラル短資FXのデメリットはコスト面ぐらい

このようにセントラル短資FXの主なデメリットは
手数料がかかってしまうこと (ダイレクトコースのみ)
高金利通貨のスプレッド広め (他の業者と同じくらい)
といったコスト面になります。

しかしそれ以外の面では主だったデメリットはありません。

長期投資を主体とするのでサーバーはあまり関わりませんし、
意外にもFXハイパーのチャート機能は高性能なので
テクニカル分析もできるのです。

最初は高いコストを支払わなければなりませんが、
長期で投資をすることによって、
そのデメリットを徐々にやわらげていくことが重要なのです。